とあるサイトを訪れるとMacで突然「ウィルスに感染しています!」という表示が出る。

Mac

ある日、ネットサーフィンをしていると、
とあるサイトを訪れた時にこんなホップアップ(警告画面)が表示されました。

ウイルスが見つかりました。
最後に訪問したウェブサイトで、お使いのMacコンピューターがウイルスに感染しました。
OKを押して、修復プロセスを開始してくださあい

(原文そのまま)

あ、エッチなサイトを見てたわけじゃないですよ?普通のプログラミングを扱ってるサイトでした。(ただしそのページは開けず、別のサイトに飛ばされてこのホップアップが表示された。)

この表示について、他の方の記事ですが詳しいことが書かれているので、
びっくりした人はそちらを見てみてください。

Macのブラウザ上で突然の「ウイルス警告画面」にご注意を!そのときの対処法
http://ichigoichielab.com/2015/08/mac-virus-attention/

スポンサードリンク

突然のホップアップにはご注意を

こういうホップアップの表示はjavascriptとかちょこっとかじっていれば誰でもできることなので、あんまり気にしない方がいいです。

しかも、あなたのパソコンから何のファイルもアップロードしていないのに、ウィルスに感染してるかどうかなんて絶対に分かるはず無いですから。

このホップアップの場合は「ウィルスに感染してます!これをダウンロードしてください!」といってウィルスを渡すタイプでした。

知識がないから詐欺にひっかかるって最近のマイナンバー交付でもあったことですけど、事前に知っていれば焦ることもないので、こういった情報は積極的に仕入れていった方がいいですね。

というわけでうちのサイトも沢山見てってください!(小声)

編集長:まるお

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!