「え、聞いてないよ?」一緒に遊んだ際に、人の顔写真を勝手にSNSに投稿される。しかると嫌な顔をする。どうしよう

sns,フェイスブック

スポンサードリンク

人の顔写真を勝手にSNSに投稿する人

あなたの周りにもいませんか?

あなたの周りにも、人の顔写真を勝手にSNSサイトなどに投稿する人はいないでしょうか?最近のSNSブームというのはかなりすごいものがありますが、例えば、あなたもフェイスブックやその他のSNSサイトで知らない間に勝手に顔が晒されているかもしれません。

当然のことなのですが、本人の許可なく人の顔写真を掲載するのはいけないことです。

しかしながら、それでも多くの人が無断で他人の顔写真を自身のサイトに投稿したりしているのです。これはかなり問題なことです。

まだ知り合いや友達などの場合にはマシですが、これが全く知らない人であれば、さらに大きな問題になってしまうケースもあるのです。

あなたは大丈夫ですか?無断で人の顔写真をSNSサイトに投稿していませんか?

今や、たくさんの方がSNSサイトを利用していますが、あなたは人の許可なく無断で他人の顔写真をSNSサイトに上げていませんか?

最近だとスマートフォンなどで簡単に写真を撮ることができますが、その手軽さゆえに、軽い気持ちでネットに他人の顔写真を掲載する人が数多くいます。

これはトラブルにつながるケースもあるために、許可なく無断でSNSサイトにアップしないようにしましょう。

当たり前のことですが、ネットに勝手に顔写真を上げられると嫌な人はたくさんいるのです。

SNSサイトに勝手に投稿してトラブルになった人がいる

ネットを利用する上で今問題になっていることがあります。それは他人の顔写真を無断で使用し、本人の知らない間にSNSサイトに投稿をしていることです。

これはとても問題がある行為のために、中にはそれがきっかうけでトラブルに発展した人もいるのです。私の知り合いの方も、本人の許可なく勝手にSNSサイトに顔写真などを投稿されたために、勝手に使用した人とトラブルになったことがあります。

あまりにも悪質性のあるものであれば、もっと大きなトラブルになってしまう可能性が高いために、SNSサイトを利用して写真を掲載する人であれば、より慎重に利用しなければいけませんよね。

私も知らない間に勝手に使用されていたので、そのことを本人に注意をしたことがありますが、やはりどうも軽い気持ちで投稿したと言っていました。

最近だと、かなり大きな問題も数多く起きているので、やはり、利用しているあなた自身も含め周りに注意を配る必要があると思います。

ライター:ゆみ

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!