フリーランスは会社員へ逆戻りすることをどう考えている?周りの目を気にするのか

悲しい

フリーランスになるために組織や企業を離れる、いわゆる「脱サラ」をする人が増える一方で、逆にフリーランスからサラリーマン、会社員に戻る人も多いです。

そんな中、企業や組織に戻ることをどのように考えているのでしょうか?また、「他人の目は気にしない」という人もいますが、個人業から会社員に戻ったことで、周りの目を気にしてしまう時とはどういった時なのでしょうか?

「会社員」に逆戻りすることに対して考えること

 そもそもフリーランスから会社員に戻るという時は、次のような時と考えられます。

  • 事業に失敗した時
  • 自分がフリーランスとして限界を感じた時
  • 会社員の方が楽だと感じた時
  • 安定した収入が欲しいと思った時

 フリーランス=個人開業ということから、経費はもちろん、すべての収入・出費は自己負担になります。会社員に戻ることで色々なメリットがあり、それを考えた時に、「会社員の方が楽だったな」と思ってしまうこともよくあります。収入面でも、企業や組織に戻った場合、お給料の他にも臨時ボーナスといった嬉しい収入もあるわけです。

フリーランスとして活動するための資金を得るため

また、フリーランスとして事業に失敗してしまった場合、「もう一度フリーランスをやる為の資金が欲しい」といったことから、会社員に一時的に戻る人も少なくはありません。

会社員に戻ることに対しては、「安定した収入を得ることで、金銭的な不安をなくしたい」「フリーランスとしての再スタート」ということで、戻ることにはさほど抵抗がない場合が多く見られます。

デメリットを考えると一番に思ってしまうのが、「拘束時間(勤務時間)が長い」「常に会社の方針に従わなければならない」といった「自由」「時間」のことですが、生活して行く上で考えると、やはり金銭的なことを考えてしまいがちです。

会社員に戻った時、周りの目を気にするか・しないか

 もし会社員に戻ったとして、人はどのようなことで周りの目を気にしてしまうのでしょうか?また、周りの目を気にしない人とは、どういった人なのでしょうか?

周りの目を気にしてしまう時

  • フリーランスになる前と同じ会社に再就職した時
  • 自分を知っている人が同じ会社にいる時
  • 近所の人に会った時

 これらの理由は共通点があり、いずれも「家族・知人」というキーワードになります。

自分がフリーランスであったことを知っている人がいた場合「なんで会社に戻ったのだろう?」「あのひと、開業したはずでは?」などと、様々な噂話のもとになりやすい環境にある為、周りの反応や目を気にする心因の一つであると考えられます。

人とは自分が意識していなくとも、遺伝子学的には「他人の目を気にするようにできている生き物」なので、自分にとってマイナス要素があればあるほど、ますます人の目を気にするようになってしまうものなのです。

周りの目を気にしない人

  • 会社員に戻った目的がはっきりとしている時
  • 自分の意思が強い人
  • 他人に何を言われても、自分に非がない時は「自分が正しい」と思える人

 周りの目を気にしない人というものは「意思が強い・自己をしっかり持っている人」問う場合が多く、他人の目を全く気にしないというわけではありません。

ですが、意思がはっきりしていることが多いため、他人に対する劣等感がありません。

これは、冷静な判断が出来る為、物事の善悪がキッチリ区別できるからで、自分が正しければそれを主張し、間違っていればきちんと謝ることができるからです。

他人の目を気にするということは、人に流されやすい性格の人が多く、流されにくい人はそういったことをあまり気にしない傾向にあるようです。

 会社員に戻ることに関しても、人それぞれ違った考え方があり、戻ることが正しいか否かは、誰にもわからないことです。

それが分かれば、考える必要なんてないのですから。

会社員に戻る時は、「如何に自分を良い方向に向かわせることができるか」が一番大切なことだと思います。

周りの目を気にすることは日常茶飯事であり、「他人の目を意識して気にしているか・いないか」によって変わってくるものだと思っているので、

悪いことや悪い噂は気にせず、良いことだけを気にするようにするべきだと私は思います。

外部ライター:浜口