運動不足なフリーランスよ!ランニングに役立つアプリはこれだ!!

ランニング

最近、近所でウォーキングをしている人や、街中でランニングをしている人をよく見かけます。健康維持のため、ダイエットのため、何かのスポーツをしていて体力や持久力をつけるため、人それぞれ何らかの理由で運動をしているわけですが、

自分がどれだけの運動をしているか、どれくらいの距離を歩いているかなど、正確に計ることはなかなか難しいことですよね?そんな時に役立つアプリをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ランニングに便利なアプリ

Rankeeperは使いやすくて秀逸!

携帯用アプリで、「Rankeeper」というものをご存知でしょうか?これは、android、iPhoneのどちらからも利用することができ、走った距離やカロリー消費計算、運動した時間など、様々な記録ができるアプリです。

このアプリのすごいところは、アクティビティーと機能の多さです。定番のランニング・ウォーキングはもちろん、サイクリング、スノーボード、スイミング、車椅子といった特殊な運動も含め、約70種類もの運動に対応しているというところです。

ランニングやウォーキングであれば、自分で時計を見てという人が多いと思いますが、このRankeeperを利用することによって、より楽しく運動をすることができます。その中の機能を一部紹介します。

まずは記録です。GPSとアプリを起動して運動を開始すると、リアルタイムで運動のペースや距離が更新されていきます。それに加えて消費カロリーなどを詳細に統計表示してくれます。

また、GPS機能によりいつもの運動コースの正確な距離がわかるので、毎日自分が何kmジョギング・ウォーキングをしていたのかが把握することができます。

ダイエットを目標に運動をしている人にはもってこいの機能だと思います。

更に、センサー機能による心拍数の測定や、消費カロリーの精度を保つために自分の体重を更新するなど、記録だけでも他のアプリよりはるかに優れています。

コーチング機能も付く凄さ

次に紹介したい機能は、コーチング機能です。内蔵プログラムによるコーチング、つまり運動に対するアドバイスをしてくれる機能がこのアプリにはついています。

アプリ内で自分の目標を設定することができるのですが、設定をすることによってより明確なアドバイスをしてくれます。

例えば、消費カロリーをこのくらいにしたいと設定を設けることで、自分の運動距離とペースのデータから、「この距離でこのペースで走るとこの消費カロリーになります」といった具合に音声で教えてくれます。

正確にコーチングしてくれるので、個人差はありますが目標はすぐに達成できる人が多いそうです。

最後に紹介したい機能が、ワークアウトをしながら音楽を聴いたり、設定を変えたりできる機能です。もくもくと運動をこなすのはちょっとキツイという人には、非常に嬉しい機能です。

マラソンの高橋選手も練習の時に自分の好きな曲を聴きながら走っていたそうですが、音楽を聴くことによってリラックスできる上に、楽しみながら運動できるので、

無理なく目標に向かって運動することができます。また、自分の設定した目標を簡単に超えてしまった場合に、この機能があることによって、目標を瞬時に設定し直せるので、より高い目標を目指すことができるのです。

他にも機能が盛りだくさん!

まだ他にもいろいろな機能があり、運動中に撮影した写真を保存したり、友達と共有したりできる機能や、設定した目標フィットネスに対する必要な詳細プランを教えてくれる機能、ワークアウトのランク付けなど、様々な機能が搭載されています。

話を聞いたり調べたりするよりは、まず一度このアプリをダウンロードして、使用してみることをおすすめします。一部課金もあるようですが、運動情報を得るものに限りで、今回紹介した内容に関しては無料で使用することができます。

「無料でここまでできるのか」と言えるほどのいいアプリだと思うので、是非皆さんにも利用していただいて、楽しく運動をしてほしいと思います。

ライター:浜口

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!