フリーランスライターになって良かったと思う3つの理由

パソコンを打つ人

私がフリーランスライターになって良かったと思うことは、3つあります。

スポンサードリンク

フリーライターになって良かった理由3つ

時間がとにかく自由!

まず1つ目は、時間を自由に使えることです。これは私にとって一番の理由です。

私は母子家庭なので、自分の稼ぎだけで子供たちを養っていかなければなりません。今までは仕事を3つ掛け持ちして、朝はコンビニで早朝から4時間、昼間からガソリンスタンドで10時間、夜はかつ丼屋さんで6時間、朝は5時半から仕事に行き、次の仕事の合間に自宅に帰り、子供たちにご飯を食べさせ、お風呂に入れて寝かせてから仕事に行き、帰宅は夜中の3時、朝5時には起きて子供にご飯を食べさせまた仕事といった、なかなかハードな生活をしていました。

現在のパートナーである彼が見るに見かねて、自宅で子供たちと遊んでくれたり、私がご飯の支度をしている間に子供たちとお風呂に入ったり、一緒に寝てくれたりと、色々サポートしてくれていましたが、やはり子供たちは淋しい思いをしていたようです。

現在は別の仕事を1つだけという形でやっていましたが、上の子が来年受験ということもあり、やはり収入面が厳しいといった中、掛け持ちの仕事をする体力もなく悩んでいた矢先に、フリーランスライターという仕事に辿り着きました。

仕事をしているという事には変わりないですが、子供たちと関わりながら、自宅で仕事ができ、尚且つ自分の好きな時間に作業が出来るため、昼間の仕事が終わってからでも十分な作業が出来るので、副業としてはかなりいい条件でした。

家事や育児をこなしながらでも十分な時間が取れるのがとても魅力的でした。

好きなだけ稼げる!

2つ目は、好きなだけ稼ぐことができるということです。「副業だからそんなにかせげないのでは?」と思う人の方が多いかと思いますが、実はその逆で、やる気があれば重複して好きなだけ仕事ができるので、何件も仕事を請け負うことで結構な収入が得られます。

もちろんやる気があまりなく、仕事もしたりしなかったりだと、当然収入がなかなか得られないので、「こんなんじゃ稼げない」という結論に達してしまいますが、自分にやる気さえあれば、副業にして良かったと思えるくらいの収入は得ることができます。

サイトによって種類は様々ですが、その中から自分に合っている仕事をピックアップして、得意とする分野を専門にしていけば、楽しく作業もでき、やる気もアップするので、好きなだけ稼ぐことができるのです。

余計な人間関係無し!

3つ目は、他人と会うことなく仕事ができるということです。実は私、文章を書くのは得意なのですが、他人と話す時に上手く言葉が出てこず、なかなか自分の言いたいことをストレートに言えないという部分があり、今まで勤めた会社でもよくトラブルになるということがあり、PCでできるフリーランスライターという仕事は、まさに天国のような仕事でした。

作業内容もクライアント様がメールにて文章で送ってくれるため、すごく理解しやすく、わからないことも丁寧な文章で送ってくれるので、すごくやりやすい環境だと思いました。

直接会話をするわけではないのですが、クライアント様によっては、すごく親近感が持てる方が多く、顔を合わせてなくても何の不安もなく仕事ができます。人と関わることが嫌いなわけではないですが、上手く話せない私にとっては最高の仕事となりました。

この3つが私の中で非常に大きく、フリーランスライターをやり始めたことによって子供たちもすこしこの仕事に興味を持ってきました。もちろんまだ子供なのであまり理解はしていませんが、こういう仕事のやり方もあるという感じで話しています。

この仕事を始めたおかげで、今まで精一杯だった生活に余裕ができ、母子の私でも何とか子供たちに不自由ない生活を送らせてあげることができるようになりました。自分の為だけでなく、子供たちの為にもなっているこの仕事は、本当にやって良かったと思うし、これからも続けていきたいと思っています。

まとめ

  • 時間がとにかく自由!
  • 好きなだけ稼げる!
  • 余計な人間関係無し!

ライターというのは比較的、初期投資が低く済む仕事です。デザイナーのように、必要なソフトがないため、備え付けのテキストエディタでも仕事を始めることができます。

もし、あなたが文章を書くのが得意で、少しお金が欲しいと思っているのであればバイトではなく、簡単なライティングをしてみるのも良いかもしれませんね。

外部ライター:浜口